心と身体のバランスポイント

心、身体、魂の3つをバランスよく高める。

君の膵臓をたべたい、を観た。

youtu.be

「君の膵臓をたべたい」をひとりで観た。

主役の二人の表情が対照的で、セリフ一つ一つに味がある。

 

シチュエーションは違うけど、私に刺さるキーワードがいくつかあった。

星の王子さま

「盲腸」

「一緒の部屋に泊まる」

「お姫様抱っこ」

「人と人との出会いは選択の結果」

 

私自身、一日一生で生きているけど、改めてその大切さを実感するストーリー。

相手への気持ちは、勇気を持って、できるだけ表現した方が良い。

それによって気まずくなることもあるけど、その方が後悔しない。

私の鍼灸院には、親友だけでなく、家族にも病気のことを話せない、難病の患者さんも来られる。

第三者だから、言いやすいこと、頼りたいことってある。

だから、できるだけ、患者さんに寄り添い、期待に応えてあげたいと思っている。

患者さんの気持ちに入り込み、共感しつつも、どうすれば快方に向かうかが毎回真剣勝負。

症状が良くなり、感謝されることはもちろんあるけど、時には、説明不足などから、誤解を受けることもある。

そんな時は、いつも反省。

診療後の夜に治療ベッドの横に布団を敷き、1日を振り返り、今回はこうだったから、次回はこうしようと決めて寝ることもある。

 

この映画は、高校生だけでなく、30代以上の方がご覧になると、自分もこうだった、近い経験をしたな、と共感することが多いだろう。

ここ最近の中では、一番考えさせられ、また、良い映画だなと実感した作品だった。

今回は眼鏡を忘れてやや見えにくかったので、文庫本を読んでから、また観に来ようと思う。

 

あきらめて引きこもるか、挑戦し続けるか。

youtu.be

中国語が分からなくても、映像を見れば、何を伝えているかが分かる。

このミュージックビデオがもとで当院に来られた若い患者さんたちがいる。

周りから孤立した感じがして、不安で自信なさ気だったのが、いろんなことが吹っ切れて、自分が進みたい道を歩み始めている。

失敗続きでうまく行かないことがあっても、自分を信じ、諦めずに挑戦し続けることが次につながる。

できることを増やすことで、一つひとつレベルを上げていく。

そのやり方が分からない人には、当院で引き出し、全面的に応援している。

www.sato89.com

 

行き詰った時に、力になってくれる、友のような本。

私自身、ストレスにすごい強い方ではない。

困難な状況に直面した時に、慌ててしまうこともある。

極端に悲観的になったり、感情的になったりすることもある。

それでも、長くは続かず、気持ちを切り替え、次に活かすよう心がけている。

その繰り返しで、経験知が増え、様々なケースに対応し易くなる。

光の道 or 真理の道を追求すると、それに伴って、まだ克服できていないことが束になって突然やってくることもある。

陽が強くなると、陰が強くなることはよくあること。

でも、それを独りで解決しようとすると、かなりしんどいし、うまく行かない。

できるだけ、プロに依頼して、できるところは自分でやるようにしている。

ぼーっとしている時間を作らず、一つひとつ確実にクリアすると、達成感を味わい、自信にもつながる。

その繰り返し、地道な積み重ねが大きな貯金となって蓄えられる。

そうなれば、気力も充実し、健康不安もなくなっていく。

最近読んだスマイルズの「向上心」には、上記に関することがよく描かれている。

医師としては大成しなかったけど、著術家としては、後世の人たちに大きな影響を及ぼしている。

人生に行き詰った時や、前向きになりたいけど、変え方が分からない方は是非読まれると良いと思う。

向上心 (知的生きかた文庫)

向上心 (知的生きかた文庫)

 

 

 

脳神経外科、形成外科、口腔外科、整形外科医に会い、説明を聴いた。

先日、母親が大けがを負った。

・開放性頭蓋骨骨折
・気脳症
脳挫傷
・外傷性くも膜下出血
・顔面骨骨折
・右手指骨折
・頭皮・顔面・四肢の裂創

痛々しい限りである。

頭部の傷が大きいので、脳神経外科医が主治医となり、形成外科、口腔外科、整形外科の各科の医師も治療に携わった。

幸い、腕の立つ医師と、生命力の強い・楽観的な母との組み合わせで、かなり症状が落ち着いている。

私も、鍼灸師であるので、西洋医学的な知識は少しはある。

そのため、各医師の説明も理解できて良かった。

それぞれの医師は、みな男前。

堂々としていて、プロ意識の高さを感じた。

脳神経外科医は、多忙で、手術のミスによる訴訟リスクがあるため、強気の性格でないと務まらないらしい。

実際、担当された医師の高いプロ意識と自信ある態度、さらに学者肌的な印象を受けた。

形成外科医は、切るだけでなく、創造や修復が必要なため、器用で職人肌、物腰柔らかい優しい印象を受けた。

口腔外科医は、歯科医師とほぼ同じ印象で、長身でイケメン、手際良さを感じた。

整形外科医は、最近は女性医師が働きやすい外科として人気。

担当された医師は、手指骨折だけだったので、やり取りが一番短かったが、端的な表現を好む、体育会的な印象を受けた。

このほかに、看護師はもちろん、理学療法士作業療法士ケースワーカーとも話ができて、これなら母をお任せして大丈夫という安心感を得ることができた。

鍼灸師である私も一医療人ではあるので、今回のコミュニケーション、母への接し方が、今後臨床を進める上で、大変参考になった。

母はもちろん、私にとっても、大事だったけど、いろんな意味で、次につながる貴重な体験であった。

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊で癒される。

youtu.be

プライベートでいろいろあったので、気分転換にレイトショーで観に行った。

このシリーズは、初めて観る。

トーリーは単純なので、前作を見ていなくても楽しめた。

深刻さのない、ゆるい感じが観ていて気分が楽になる。

ジョニー・デップが好きな女性が多いのだけれど、ちょいワルで、力が抜けている感じがウケるのだろう。

ガツガツしている男性は好まれないのが最近の傾向だから。

自分で撒いた種は、自分で刈り取るという因果応報的な部分と、家族愛が隠れたテーマなのは、ディズニーテイストならではだと思う。

一人で観ていて、しっかり笑わせてもらったので、友達同士やカップル、親子で観るのもありかも。