心と身体のバランスポイント

心、身体、魂の3つをバランスよく高める。

東洋医学

白樺の樹液で元気を補う。

8月も今日で終わりますね。 7月より、暑さがほんとうに、厳しかったですね。。 そのため、胃腸を中心に体調を崩される方が多く来院されました。 私も公私とも様々な出来事があり、体調管理が難しい月でした。 幸い、休養、睡眠、運動を心がけ、日光にも浴び…

精神科ナースになったわけ。を読んでいる。

当院には、過敏性腸症候群、自律神経失調症、うつ、統合失調症、睡眠障害、境界性人格障害などを患っている女性が来られる。 じっくりとお話を聴き、鍼や指圧を受けると、楽になるケースが多い。 私は心理学や行動科学、形而上学、宗教学も学び、様々な職業…

婦人科疾患と飲食との関係

写真は、若鶏のソテー小悪魔風。 辛すぎず、熱すぎず、濃すぎず、でもスパイシーで食欲をそそる一品。 人の身体は、食べたものでできているので、何をどのように食べるかが大切。 女性の中には、甘いもの、辛いものが好きな人が多いようですが、程々に。 甘…

君の膵臓をたべたい、を観た。

youtu.be 「君の膵臓をたべたい」をひとりで観た。 主役の二人の表情が対照的で、セリフ一つ一つに味がある。 シチュエーションは違うけど、私に刺さるキーワードがいくつかあった。 「星の王子さま」 「盲腸」 「一緒の部屋に泊まる」 「お姫様抱っこ」 「…

鍼灸治療:過敏性腸症候群(IBS)と女性ホルモンとの関係。

写真の経穴人形の中心線は、任脈(にんみゃく)といい、女性の妊娠・養胎(胎児を養う)と関係が深いです。 胞中(ほうちゅう、子宮)から始まるので、任脈の気が通じることが、月経を定期的に来るようにして、正常な妊娠・胎児の成長が行われるようになりま…

京都さとう鍼灸院の役割。

少ない鍼(はり)数、指圧、マッサージも活用しながら、健康的自立をサポートするのが当院の役目だと思っています。 北大生時代は、家庭教師していて、生徒さんには、方向性を示し、後はご本人に任せるスタイルを取っていました。 あくまでも、勉強するのは…

食べることの大切さは、香港人に教わった

写真は、大丸京都店の黄龍にて、夜ディナーのセット。仕事の合間の変な時間なので、貸切状態。 一人は寂しい、というけど、お店の人がいるから、ぼっちではない。 私一人のために作ってくれている、と思うとうれしくなる。 最近は、仕事が立て込むと、食事の…

鴨川の鴨のように。

今朝、鴨川の川床の下で、お休み中のところをそっーと撮影。 中望遠レンズなので、あまり警戒されず?に済んだ。 ただ、薄目を開けているような気もするけどw いざという時には、すぐに逃げられる体勢は保ちつつ、休めている。 私たちも、休める時は、じっ…

アトピー性皮膚炎のやり取り。

いつもハーブティーを買いに行く店で。 お店の人に、「みなさんに好評なんです」とフィードバックした。 「お店か何かでお出しになっているのですか?」 「実は、鍼灸院やっていますので、患者さんに好評なんです」 「えー! 鍼灸の先生ですか、私鍼受けるの…