心と身体のバランスポイント

心、身体、魂の3つをバランスよく高める。

レヴィの魔術三部作が揃った。

f:id:satshin:20170808233509j:image

最近手に入れた、右手前の「大いなる神秘の鍵」。

京都にある、人文書院という学術系の出版社から発刊されている。

魔術を実際に使うケースはほとんどないものの、いわゆる「抽象度を上げる」ために読むことがある。

また、実際の臨床の場面でも、考え方・価値観で参考になることもある。

4冊で2万円くらいなので、大きな買い物であることは確か。

でも、それ以上の価値がある、貴重な本。

エリファス・レヴィは、19世紀のパリの隠秘学思想家である。

ヤコブベーメスウェーデン・ボルグの影響を受け、ユゴーボードレールなどに影響を与えた人物。

エリファス・レヴィ - Wikipedia

 

なお、「大いなる神秘の鍵」には、レヴィの聖母崇拝、女性崇拝者らしい内容が表現されていて興味深い。

女は男に優先する。なぜなら、女は母であり、苦痛のなかで出産するためあらかじめ何もかも許されているからである。

思想書としては手に余るが、固定観念に囚われない発想や着想、気付きを得るには優れている。

書いてあることを理解するには、聖書、カバラ錬金術などの知識が必要。

高等魔術によっては、危険を伴うものもあるので、中途半端に行わない方が身のためである。